トップページへ 保温材 関連商品 ダクト工事 リンク ウレタン断熱工事
硬質ウレタンフォーム 現場発泡断熱工事
この工事の特長
ウレタンフォームを使って住宅を包むように屋根裏(又は天井)・外壁・床下を『現場吹付け発泡』で施工した断熱構造住宅では、格段に優れた高断熱・高気密の効果が得られるとともに、住む人にとっても快適な居住性ならびに冷暖房費の節約や住宅の耐久性・耐震性向上など数々の効果をもたらします。
●省エネルギー効果絶大
暖房時には、室内の暖めた熱が外に逃げにくい一方、冷房時には逆に外気の熱の侵入を抑えるので、灯油または電気・ガスなどのエネルギー消費量が少なく家計を預かる主婦にとってもおおいに助かります。
●住まいの耐震性がUP
軽くて強靭なフォームと、強力な自己接着力の相乗作用で住宅構造材と一体化することにより住宅そのものの構造強度も向上し、地震による耐震性にも効果があります。
●結露を防ぎ耐久性UP
ほとんど吸水しないので、断熱材の内部結露も起こらず、高断熱・高気密効果により表面温度の低下を抑制します。また、表面結露も防げると同時に黒カビやナミダタケの繁殖を防ぐ効果が得られ、同時に住宅の老朽化を防げます。
●快適な居住空間の実現
住宅内部の熱が逃げにくく壁表面の温度が上がって、部屋の上下の温度差も小さくなるので冬期は頭熱足寒現象が解消され、夏期には屋根裏の断熱効果で外の熱の侵入を遮断するので暑さが大幅に緩和され、快適な居住空間を創ります。
●短期間で断熱工事完了
経験豊富な熟練の施工専門スタッフにより短期間に高断熱・高気密の断熱工事を完了します。
●高断熱・高気密の実現
現場吹付け発泡による断熱工事だから可能な、複雑な構造の住宅でも隅から隅まで隙間なしに施工できます。更に強力な自己接着力の効果により空隙のない一体化した住宅の断熱構造ができるので非常に気密性に富んだ最高レベルの断熱効果を発揮します。


●ウレタンフォームとグラスウールの断熱材性能比較


●住宅金融公庫認定の代表的な住宅用断熱材の断熱性能等級


【冷暖房費節減効果】 (モデル:東京都内の延床建築面積140u木造住宅)

上記のグラフはグラスウール断熱工事の50o厚施工と硬質ウレタンフォームの現場発泡断熱工事30o厚および50o厚施工の場合における冷暖房にかかる年間の光熱費節減効果をあらわしたものです。
大切なエネルギーを無駄なく有効に使い、人に優しい環境を提供しています。
当社は、新潟県上越地域を中心に北信越地区で、省エネ快適居住空間つくりの
お手伝をいしています、見積や工事依頼等、ご用の節はお気軽にご連絡下さい。

当サイトは,Internet Explorerで動作確認をしています。モニタ解像度は1024×768、文字のサイズは “中以下” を推奨しています。
お願い・・・ このホームページ及び掲示板に記載されている内容についての妥当性、正確性等に関しては、何ら保証するものではなく、一切の責任を負い兼ねますので、各個人の責任において使用してください。
Copyright hoonya.com 2002-2003 All Rights Reserve